お正月には欠かせないおせち料理の由来

subpage01

おせち料理は、本来元旦だけではなく五節句などの節日をお祝いするために神様にお供えして食べるものを御節供と呼んでいたのが由来です。

人には聞けない珍しいおせちについての情報をまとめたサイトです。

ご節句とは、現代でいう一月一日の元旦、三月三日のひな祭り、五月五日の端午の節句、七月七日のたなばた、九月九日の重陽のことです。


平安時代の頃から朝廷ではご節句に節会と呼ばれる御節供のお料理を神様にお供えする行事が行われていましたが、江戸時代になると庶民の間に御節供の風習が広まったと言われています。



この時に現代のように一年で一番大切な節目である元旦にお料理がふるまわれるようになり、おせちと呼ばれるようになったといわれています。おせちは、もともと収穫物の報告や感謝の意を神様に伝えるためにその土地でとれたものを使用していました。
暮らしが豊かになるにしたがって、その土地でとれたものの他に山や海の幸が盛り込まれるようになり、お正月のご馳走として定着しました。

お料理をお重に詰め、重ねて用意するのはめでたさを重ねるという意味が込められていて、中に詰められる食材やお料理ひとつひとつに意味があります。



また、神様をお迎えした新年に台所を騒がせてはいけないという平安時代からの風習が残っていることや普段お料理をしている女性に三が日は休んでもらおうということから、日持ちのする食べ物が重箱の中に詰められています。
おせち料理は本来、四段重が正式と言われていますが、地方や家風によって三段重の場所や五段重の場所があるなど様々です。