• 立体駐車場とはなにか

    立体駐車場は大きい敷地に建っていたり、都市などの土地が狭い場所にも設けられています。
    駐車場が不足している都市部に多い駐車場です。

    立体駐車場情報が満載です。

    田舎では、広い土地が多いので立体駐車場がなかったりする場合があります。



    立体駐車場には、自走式駐車場と機械式駐車場の2つに分けられます。
    さらに機械式には、タワー式と多段式の大きく2種類に分けられます。
    自走式は、自分で行きたい階まで運転していきます。


    建設コストなどが機械式に比べると安価なので、大きい敷地を確保できているデパートや病院などに設けられています。
    屋上は屋根がないため雨が降ると車が濡れますが屋内は、雨にも濡れる心配はありませんし、待ち時間が発生することは少ないです。
    自走式は狭い土地では不向きなためある程度大きい敷地が必要になるので、大規模駐車場に向いています。

    一方、機械式は車をエレベーターの上にのせて、機械が収容してくれます。

    タワー式であれば、上にどんどん収容していきます。


    タワー式は人間が入っていくことができないので、車上荒らしに合うことやぶつけられるといった心配がありませし、施設内なので車が雨で濡れることもありませんが建設費は高いです。

    そのうえ、メンテナンス費もかかってしまうのでさらに高くなってしまいます。多段式は、マンションなどで使われています。



    これも建設コストやメンテナンス費がかかってしまいますが、タワー式ほどではありません。
    これは、狭い土地にオススメの駐車場です。