フロアコーティングとワックスの違いとは

by:

生活/暮らし防熱

フローリングを保護する方法としてはワックスとフロアコーティングがあります。どちらもフローリングに皮膜を作って保護するという点は同じですがこの2つには大きな違いがあります。ワックスは価格も安く、最も手軽にフローリングを保護してくれます。しかし水分や油分、薬品に弱く、飲み物や化粧品をこぼしてしまったり油物を床に落としてしまうと、すぐに溶けてはがれてしまいます。

また普通に生活していても徐々にはげてしまうために定期的に塗り直さなければなりません。塗り直しには汚れを閉じ込めないためにも細かいホコリまで取り除かなくてはなりません。また本格的に塗り直すためには家具を移動してすでに塗られているワックスを剥離剤でキレイに落としたうえで塗り直す必要もあります。ワックスは安価ではあるけれどもとてもメンテナンスの手間がかかる方法と言えます。

一方フロアコーティングはワックスに比べるととても高価です。しかし傷に強く、水分や油分、薬品に対して強い耐性を持ち、汚れを容易に落とすことができます。また耐用年数がとても長く、一度施工すれば長いもので30年以上効果が持続するためにこまめなメンテナンスをすることなく美しい光沢を保つことができます。新居を購入直後は苦にならなくても、ライフスタイルが変わって子育てに忙殺されたり年齢を重ねるごとに体を動かすのが億劫になったりして、いつの間にかワックスは後回しになってしまいがちです。

長く部屋をキレイに使いたいのなら、はじめに費用がかかってもフロアコーティングがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です