時代のとともに移り変わるおせち

subpage1

お正月の伝統的な食べ物と言えば言わずと知れたおせちです。


新しい年を迎えるに当たって、おめでたい意味を持つ料理が、重箱に詰められて家族で囲みながら食べるというのが古くからの日本のひとつの慣わしでした。

おせちの最新情報を紹介します。

しかし、最近ではその内容に少しずつ変化が現れてきたということに多くの人が気づいているのではないでしょうか。


従来のおせちでは、和風というのが当たり前のことのように思われていましたが、時代の移り変わりと共に中華風、または洋風の食材が採り入れられるようになっています。


実は従来のおせちというのは、どちらかというと大人向けの食材や味なので、子供の頃はお正月の3日間の間食べ続けるのは飽きてしまったという思い出を持つ人は数多くいることが想像出来ます。



しかし、内容に多様性が見られるようになってからは、子供に人気の食材が顔を出すようになりました。


現在では、ローストビーフや海老グラタンといった子供が好きな内容の物も出回っていて、家族みんなが楽しめるようなバリエーションが増えています。

昔はおせちと言えば年末の忙しい時期に、何日も前から家庭で手作りしていたものですが、通販で簡単に購入することが出来るようになったことで家庭にとっても大きな助けとなっています。家族みんなで過ごすお正月なのですから、通販のカタログを見ながら、みんなの意見を採り入れて新しい年を迎えるためのおせちを選ぶというのも楽しいのではないでしょうか。



おせちを身に付けよう

subpage2

おせち料理は、本来元旦だけではなく五節句などの節日をお祝いするために神様にお供えして食べるものを御節供と呼んでいたのが由来です。ご節句とは、現代でいう一月一日の元旦、三月三日のひな祭り、五月五日の端午の節句、七月七日のたなばた、九月九日の重陽のことです。...

next

おせちをもっと知る

subpage3

おせち料理はおいしくないから食べないという声を多く聞きます。もともとは、冷蔵庫がなかった時代に考えられた保存食であったことが大きな理由でしょう。...

next

おせちをよく学ぶ

subpage4

おせちは見た目や料理で選ぶだけではなく、失敗しないサイズ選びも重要になります。量が多すぎると食べきることができなくなってしまうため、お重のサイズの基礎知識を身につけることで、商品を選びやすくなる点に注目です。...

next

1から学ぶおせち

subpage5

お正月を家族でお祝いする場合、欠かせないアイテムとなるのがおせち料理になります。おせち自体には様々な縁起のよい由来の食材を使用されており、新年を良い意味で迎えたお祝いとして食べられます。...

next